スポンサーリンク

Steamで発売中のゲーム「8番出口」で遊んでみたよ

ゲーム日記

発売前から気になっていた「8番出口」を買って遊んでみました。

タイトル通り、シンプルに8番出口を見つけて外へ出る、というゲーム。

ルールはこれだけ。

  • 異変を見逃さないこと
  • 異変を見つけたら、すぐに引き返すこと
  • 異変が見つからなかったら、引き返さないこと
  • 8番出口から外に出ること

出口0から始まって、異変を見つけて引き返す or 異変がなかったので進むと出口1になるという感じ。

間違えると出口0に戻ってしまう。

異変が起きるのは3回くらい曲がる道のりの中の1つの通路だけ。

その通路でいかに異変を見つけられるかが鍵となる。

同じところをぐるぐるさせられたり、同じ人に何度もすれ違う恐怖はあるものの、ホラーではなく間違い探し的なゲームだと思う。

異変は禁煙のポスターがたくさん貼られている、というようなわかりやすいものから

案内板を振り返って見たら「引き返せ引き返せ引き返せ」と書かれている、など。

ぱっと見では気づかないものも豊富。

いつもすれ違うおっさんも、紳士な方だけど。

時に、笑っていたり、こちらをガン見してきたり、巨大化したり、2倍速で向かってきたり、様々な動向を見せることがある。

立ち止まったおっさんを抜かして、次の角を曲がると、再びこのおっさんが通路の向こうからやってきたりする、最初ちょっとこわかった。

ルールを守って8番出口にたどりつくと、鳥の鳴き声などが聞こえてスタッフロールが出る。

エンディングもオープニングもなく、この張り紙を見て振り返ればまたいつもの通路が待っている。

そんなわけでエンドレスに遊べちゃうゲーム。

これが今なら10%引きでお手軽に買えるということで、みなさまも遊んでみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました